コンサルタントコラム2019/8/20

原因と結果の法則が「 新常識 」。 評価制度を「 れいわ型 」にシフトさせる最重要ポイントは?

シニア経営
コンサルタント 西川 佳孝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「 令和時代の評価制度のトレンドとは 」という視点で、
貴社の未来の結果を変える評価制度のあり方・事例を解説します。
今回は、少人数開催です。
間もなく開催ですので、お申込み漏れがありませんように!

評価・賃金制度トレンド大公開セミナー
https://sem.funai777.jp/seminar/046563/

9月5日(木)東京
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

原因と結果の法則。

決意では、結果は変わりません。
いつの時代も、結果を変えるのは行動です。

(×) 決意だけ
(〇) 行動

アインシュタインも
こんな言葉を残しています。

「 狂気。 」
それは、今までと同じ行動をしながら、
違う結果を求めることだ

一方、私たち人間は、
「 自己保存 」つまり、
変化を拒むことが、本能的に備わっています。

つまり、
「 結果を変えるには、行動を変えなければならない。
けど、行動を変えることは、本能が拒む、、、。 」
こんな矛盾を解決していくことが、
特に、衰退期の経営者に求められていること、です。

そして、その本質を「 理解し 」
経営者が、最大限活用しなければならないのが
「 評価制度 」です。

さて、
貴社の「 評価制度 」の「 項目 」を
5つほど、読んでみてください。

Q:「 行動 」の文章になっていますか?

れいわ時代に機能し、結果と連動する評価制度とは
「 行動 」にフォーカスしているかどうか?です。
どうでしょう?
一方、これから機能しなくなる(機能していない)評価制度は

(×)結果だけ
(×)達成率だけ
(×)頑張っている、など行動が分からない

モノです。どうでしょう?

勘(カン)の良い経営者は気づかれましたね?
「 つまり、評価制度の項目とは、業績を上げている社員の行動が、
文章になっていないといけなんだな 」と。
「 ということは”今 ”業績を上げている
優秀な社員が中心になって、作らないといけないんだな 」と。

原因と結果の法則。
原因 ≒ 評価制度が行動軸になっているか?

「 じゃあ、結果を出せば、どんな行動も認めるのか? 」
今の時代環境からすると
「 ガバナンス 」
「 コンプライアンス 」
「 ハラスメント 」
これらも、経営のトレンドワードであることも
押さえていく必要があります。

「 令和時代の評価制度のトレンドとは 」という視点で、
貴社の未来の結果を変える評価制度のあり方・事例を解説します。
今回は、少人数開催です。
間もなく開催ですので、お申込み漏れがありませんように!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうなる?ニッポンの働き方改革!?
働き方法案の対策を間違うと残業未払い5,000万円!倒産の危機!?
結局、経営者としては、どうすればいいの?

成長期を終え、遊技人口が減り続ける成熟期~安定期産業のぱちんこ企業の、
評価・賃金制度のトレンドを大公開!
5年前10年前の評価制度では、今後、間違いなく「 崩壊 」します!
外部環境が激変し続ける、これから2年間を乗り切るために、
経営者は、評価・賃金制度のトレンドを押さえてください!

評価・賃金制度トレンド大公開セミナー
https://sem.funai777.jp/seminar/046563/

9月5日(木)東京

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://sem.funai777.jp/seminar/046563/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

担当者
シニア経営
コンサルタント
西川 佳孝

ぱちんこ企業の業績アップを営業・人財開発の両面から成果を出すことができるコンサルタント。小手先の手法論ではなく、常に全体最適と本質改善からの解決策を導き出すスタイルが、最大の持ち味。船井総研内における部下育成にも、とても定評がある。ユーモアたっぷりで分かりやすい講演も人気で、これまで、社外講演や社内研修で100回以上の実績がある。