コンサルタントコラム2019/9/3

機械が●●●のおかげで、中小企業に復活のチャンスがきました。

チーフ経営
コンサルタント 渡邊 龍信

東京・大阪の「 2会場限定 」の開催で、定番セミナーを開催します。

まずは、日程の確認をお願いします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
東京会場      2019年10月2日(水)
大阪会場(動画視聴)2019年10月3日(木)

【 定番セミナー 】
年末商戦~2020年GWまでのロードマップ公開~
https://sem.funai777.jp/seminar/040221/

皆さま、メルマガを開いてくださりありがとうございます。スロットグループ グループマネージャー渡邊です。

今回約2年ぶりの定番セミナーを開催します。なぜ、2年間ぶりに行うかというと、中小企業に「 チャンス 」ができたからです。

この2年間で、マックスタイプのぱちんこが撤去になり、高射幸性の設置規制が入り、出玉規制が入るという負のスパイラルの状況が続いておりました。さらには、消費税10%、禁煙化、働き方改革とアミューズメント業界への変革が求められています。

そんな中で、中小企業に追い風が吹いております。
それは、「 新台が当たらない 」ことです。
機械がハズレることにより、大量投資によるコストパフォーマンスが悪くなっています。実際に、新台100台/月でかけている法人において、6月までに600台導入しており、新台における平均稼動は1ヶ月で平均に落ち着き、また機械代以上に粗利を回収できたのは15%以下でした。それだけ、新台の稼動の下落も激しく、粗利回収率は下がっております。

では、中小企業のチャンスとは何か?
今回は、パチンコのみお伝えします。
キーワードはパチンコ、スロット共に
「 カテゴリー分けと使い方 」です。

ぱちんこにおける成功のポイントは、購入ギャンブルをしないことと、増収増益を狙いすぎないことです。

上記で、新台が当たらないことを書かせていただきました。しかし、細かくスペックカテゴリーを分けていくと、ライトミドル×高継続×○○、甘デジ×○○おいては、良い結果が出ています。今後必要になってくることは、機種名で選ぶことではなく、ミドルスペック、ライトミドルスペックで選ぶことではなく、ライトミドル×継続率80%以上×○○というわけ方です。そして、そのカテゴリー別に業績を見ることをオススメします。

これを行うことで、自店舗で買う必要のある機械が見つかります。そこに会員稼働を足し算することで、「 何の機械を買うか 」という課題から、「 何の機械を買わないか 」に完全に思考を変えることができます。
去年までの状況ならば、ある程度思考は変わっていましたが、今年に入ってから年末に向けたみなし機撤去により、この考えが薄れている傾向にあります。
今、中小企業で何よりも必要な戦略とは、スロットでの集客による増収増益することと、パチンコで「 減収減益をしないこと 」に絞られます。
生き残りさえすれば、業績は上がってくれます。

今回の定番セミナーは2年ぶりに開催します。定番セミナーを復活させる必要があるほどの、中小企業の経営者に聞いてもらうべき内容をお話しします。共に2020年以降の活路を見出しましょう!

皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
東京会場      2019年10月2日(水)
大阪会場(動画視聴)2019年10月3日(木)

【 定番セミナー 】
年末商戦~2020年GWまでのロードマップ公開~
https://sem.funai777.jp/seminar/040221/

担当者
チーフ経営
コンサルタント
渡邊 龍信

国立大学 理学部数学科卒業。 国立大学大学院 応用数学卒業。 アミューズメント支援部新卒入社最年少で、チームリーダーに就任。 400台以上の大型スロット専門店立ち上げ実績は10件以上携わっており、スロット増台成功実績は40件以上で、 ・6,000枚→9,000枚(120台) ・10,000枚→13,000枚(200台) ・14,000枚→14,000枚(120台→240台) など多数の20円スロット業績アップ実績をもっている。 直近2年間の20円スロットの業績アップ(増収増益)の実績は、元スロプロで培った超ユーザー目線と、大学での数学の知識を駆使したマーケティングで、「 高精度な 」時流予測とスロット機種分析によって実現している。 2016年以降、5号機スロット営業での超プロ。口癖は「 4号機時代を知らないですが 」。