コンサルタントコラム2020/1/10

年末年始に成功したお店と失敗したお店

マーケティング
コンサルタント 瀧華 啓貴

2021年に備えた2020年の戦い方

 
【 スロットセミナー 】
https://sem.funai777.jp/seminar/055458/
日程:2020年2月20日(木)  船井総研 五反田オフィス
時間:13:00~16:00(受付開始12:30~)

船井総研の瀧華です。
年末年始の営業はいかがでしたでしょうか?
2020年を迎え、バジリスク絆・ハーデス・モンハンがほとんどの都道府県で撤去されました。
 
20円Sの年末年始の状況を振り返ると、
・メイン機の撤去
・それに伴いリニューアルする店舗が多い
・前年対比で客数3~5%ダウン
・大型版権の新台なし

と、どちらかというと逆風にさらされる状況だったと思います。
 
そんな中でも投資ゼロで売上115%、粗利122%を達成されたホールもあります。
この年末年始のポイントは「 撤去対応 」にありました。
バジリスク絆・ハーデス・モンハン・ハッピージャグラーと設置の約10%を
どの機種に置き換えたのか大きく3パターンあります。
(1)認定機の高射幸機(凱旋やサラ番)の再設置で対応
(2)6号機新台を購入して対応
(3)5.5号機中古購入&再設置で対応

 
理想系であり、最も成果が出たのは(1)です。
3店舗以上経営だと、市場やポジションが良い店舗に
どれだけ高射幸機や沖ドキを集中させる判断ができたかというのも問われてきます。
集中はさせなくても、各店で特定の1機種を増台するだけでも効果はありました。
 
そして、多くのホールが選択した(2)と(3)だと、はっきり明暗が分かれています。
うまく営業できたホールのほとんどは(3)でした。
(2)6号機新台での対応を選択されたところはかなり苦しんでいます。
ルパンを始め、喰霊、トータルイクリプスと年末商戦にすら稼働がもたなかった機種が大多数です。
エウレカ3のみ孤軍奮闘しています。
 
今後6月には沖ドキ、8月にはサラリーマン番長と控えており、
その先の2021年2月には6号機時代がスタートします。
今回のセミナーでは2021年に備えた2020年の戦い方に関してお伝えさせていただきますので、
ぜひご参加ください。
 
【 スロットセミナー 】
https://sem.funai777.jp/seminar/055458/
日程:2020年2月20日(木)  船井総研 五反田オフィス
時間:13:00~16:00(受付開始12:30~)

担当者
マーケティング
コンサルタント
瀧華 啓貴

スロットの業績アップに特化したコンサルタント。学生時代は週に5日間遊技。現行300機種のスペック・演出知識は船井総研トップクラス。超・ユーザー視点からの3ヶ月で業績アップスタイルが経営者から支持されている。バラエティ・ジャグラーを軸とした即時稼働アップ、LINE・SNSを使った広範囲に向けた集客が武器。