コンサルタントコラム2020/1/16

北斗無双たった2台なのに、4円日売で昨対125%達成した新・マーケティング手法

 中村 勇志

【第3回/全3回】ショートセミナー無料視聴できます。
https://www.youtube.com/watch?v=abEasF8c1KU&feature=youtu.be

 
―――――――――――――――――――
【 4円ぱちんこ客数ストップセミナー 】
https://sem.funai777.jp/seminar/053930/
日程:2020年1月24日(金)
時間:13:00~16:00(受付開始12:30~)
場所:船井総研 東京本社……JR東京駅丸の内北口より徒歩1分
―――――――――――――――――――
 
いつもコラムをご愛読くださり、ありがとうございます。
船井総合研究所の中村勇志です。
バジ絆を含むスロットの大型撤去を終え、2020年の滑り出しはいかがでしょうか?
 
4円ぱちんこで言えば、北斗無双は、多機種への回遊を見せ、慶次漆黒はまだまだ堅調な伸び、
新台・準新台ではエヴァ シト、新生・義風堂々・ゲンさんなどP機の台頭が目立った12月になりました。
 
全国の会員データをベースにレート別の好みの機種1位の推移をまとめると、
4円ユーザーの遊技機種は北斗無双が変わらず1位で、2位に慶次、3位ミドル海、
その他は新台・準新台とシンフォギアの順位が上がっており、
シンフォギアにおいては1月も継続した稼働が見込めそうです。
 
20円ユーザーは11月からの伸びをみて、撤去からの回遊先としてディスクアップ、
ハナビなどAタイプバラが最も伸び、GOD、番長3が次点。
4円への回遊では北斗無双がダントツ、という結果になりました。
 
結論、新台の活躍もあって、今回の大型撤去における4円Pへの影響はそれほど大きくなく、
むしろ、4円Pを堅調に伸ばしている法人さんも多い、というのが現状です。

 
昨年は20スロに投資を決断できた法人様が業績を伸ばすことに成功しました。
 
市場の縮小に合わせて、4円ぱちんこの客数が減少していることは間違いありませんが、
今回の撤去を起点に、今から2021年までが、
4円Pで店舗業績を作り上げる上での非常に重要なタイミングになることが予測されます。
 
このような状況の中、4円ぱちんこが厳しかった2019年に中古機をうまく運用することで
4円Pの日売を昨対125%を達成した店舗があります。
 
店舗全体で昨対売上115%
粗利で107%の増収増益を実現。
 
ポイントは、たった一つ。
 
北斗無双ではなく、
「 自店のファンが好む機種に投資する 」ことでした。
 
今回のセミナーでは、そんな店舗が使っている新マーケティング手法を公開します。
来たる2021年、機械で戦えない今、
4円ぱちんこで業績を作れる店舗の作り方をお伝えしますので、ぜひご参加ください。

 
【 4円ぱちんこ客数ストップセミナー 】
https://sem.funai777.jp/seminar/053930/
 
日程:2020年1月24日(金)
時間:13:00~16:00(受付開始12:30~)
場所:船井総研 東京本社……JR東京駅丸の内北口より徒歩1分

担当者
中村 勇志

大学卒業後、大手広告代理店で3年間営業TOPクラスの経歴を持つ。特にWEBを活用したマーケティングに定評があり、その先進的な取り組みが業界紙で取り上げられることも。データ分析を基にした的確なコンサルティングで集客の課題を解決するプロとして奮闘中。