コンサルタントコラム 2020/3/25

【オンライン限定配信!】3番店必見!2020年の4円パチンコ戦略

  中村 勇志

旧基準機撤去対応で4円ぱちんこに力を入れた店舗の失敗と成功事例

 
——————–
4円ぱちんこ客数減少ストップセミナー
日程:(1)2020年4月17日(金) (2)4月24日(金) (3)5月12日(火)
時間:13:00~16:00(受付開始12:30~)
場所:※オンラインなのでどこでも視聴できます。
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/058525
※上記日程はすべて同じ内容です。
——————–
 
いつも船井総研コラムをご愛読いただきありがとうございます。
ぱちんこ店の顧客分析コンサルタント、中村勇志です。
 
コロナウイルスによる客足への影響が出始めている中、皆様の店舗はいかがでしょうか?
2020年中に高射幸機もほとんどが撤去。
コロナだけでなく、2021年問題への対応で追われているのが、
今の大多数のぱちんこ店の現状です。
 
そして、この1年で特に差をつけられてしまうのが、「 4円ぱちんこ 」だと考えています。
 
コロナウイルスの影響で最も稼働に影響を及ぼしているのは1円パチンコですが、
売上規模でいえば、4円ぱちんこは、業績に最も影響を及ぼします。
 
そして、2020年3月現在、コロナウイルスの影響で、
今後の動向・仕掛け次第では4円P稼働が12%以上落ちてしまう可能性があります。
 
この事態に対し、大手法人も、規模による機械運用の差は当然ながら、
多くの大手企業は昨年対比で20%以上、4円ぱちんこの機械代を上げています。
 
この機械代の使い道として多いのは、
機械撤去対応のために行う中古購入や、主に新台の1,2台バラエティ購入です。
 
今回のシンフォギア2などの話題機も事前に手を打たれ、資金力で勝てない以上、
多くの場合、包み込まれてしまうのが今、考えられる構図になります。
 
さらに、2021年には、唯一メインで台数を持てた漆黒や無双すらもなくなります。
 
繰り返しますが、中途半端に大手法人と多台数で張り合ってしまうと消耗するだけなので、
打ち手としては、本気のバラエティ戦略を取っていく必要があります。
 
ですが、闇雲にバラエティ戦略を取っていても何の意味もありません。
 
つまりは、大手法人よりも早く、より適切に自店適性を見抜き、予測し、
商圏の中での包み込み戦略を突き破る、「 狭属性一番化 」の戦略をとる必要があります。
 
例えば、
「 大工の源さんが事前に良いとわかっていたら? 」
「 バイオよりもひぐらしを多台数買っていたら? 」・・・
 
このたらればを事前に察知する方法があるとしたら、
バラエティ戦略で大手と差を縮めることが可能です。
 
そしてそのポイントはズバリ、自店の常連客のニーズを掴むことです。
これには、機種×客層の相関分析により、精度高く実現することが可能です。
 
今でいえばシンフォギア2、大工の元さん超韋駄天、P10カウントチャージ絶狼、は
自店で何台入れるべきなのか?
 
これを店長の「 カン 」ではなく、常連様の好む機種傾向から最適化します。
 
例えば、今、一次商圏に住み、3か月連続で自店に月10回以上来店している30代の男性常連客は、
上記3機種が一緒に売場にあれば、どれを継続して最後まで打つ可能性が高いか?
 
多くの場合、店長様は「スペック的に・・・」「過去の稼働的に・・・」「競合店は・・・」と
実際に打つ可能性があるお客様をあいまいに定義して台数を決めます。
 
確かに重要ですが、でもこれだけでは大手法人もやります。
同じ手法であれば、大手法人の包み込み戦略に勝てるはずもありません。
 
今回のセミナーでは、場所を限定しないオンライン講座にて、
それぞれの機種分析手法や、実際の分析結果をセミナーにてお伝えさせていただきます。
 
大手法人と違った視点で自店の業績を伸ばすヒントを持って帰っていただければと思います。
2020年の3番店でのパチンコバラエティ戦略の精度を上げるためにぜひ、この内容をご活用ください。
 
皆様のご参加をお待ちしております。
 
——————–
4円ぱちんこ客数減少ストップセミナー
日程:(1)2020年4月17日(金) (2)4月24日(金) (3)5月12日(火)
時間:13:00~16:00(受付開始12:30~)
場所:※オンラインなのでどこでも視聴できます。
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/058525
※上記日程はすべて同じ内容です。
——————–

担当者
中村 勇志

大学卒業後、大手広告代理店で3年間営業TOPクラスの経歴を持つ。特にWEBを活用したマーケティングに定評があり、その先進的な取り組みが業界紙で取り上げられることも。データ分析を基にした的確なコンサルティングで集客の課題を解決するプロとして奮闘中。