コンサルタントコラム 2020/7/30

【V字回復】するために8月にしなければいけない3つのこと

部長  成田 優紀

こんにちは。
アミューズメント支援部責任者の成田です。

第2波といってもおかしくない感染者数になってきました。
飲食店は早くも影響が再度出てきており、「企業存続」のために従業員の給料に手を付けざるをえない企業や
従業員を他企業へ派遣するような対策が取られ始めています。

パチンコ店において女性と高齢者層の戻りは鈍化しており、
戻りを期待をしてはいけない状況ではあります。

その中でも、今年の企業方針としては、「利益」を残すことが最優先の課題であり、
本質的には「企業存続」ができる体制を整えることが重要です。

利益を残すこと、企業存続するために
8月以降しなければいけないことを下記でお伝えします。

(1)スロット部門への全リソースの集中
(2)人件費の粗利対比15%化
(3)攻めた「コスト適正化」

(1)は、
多く方が理解している通り、ぱちんこはコロナの影響は直接的に受けます。
スロットは若年層が多いこともあり、コロナの影響は少なくなります。
この点からも営業面においてはスロットの攻略が今まで以上にカギになるのは間違いないでしょう。

(2)は、
パソコンがヒトに代わって自動で動く」ことを最大限活用できているかがポイントであり、
いかに「省人化・無人化」を行い、
人件費率を粗利対比15%以下」を目指す体制を中小企業は構築する必要があります。
もちろん、現在の社員の減給は最終手段ではありますが、
機械代・家賃など大きなコストの見直しをした後、人件費は無視できないのが経営者の本音かと思います。

とはいえ、そもそも見直していただきたいのは、
ホール内やバックヤード関連(人事・経理・総務など)における
デジタル化による無人化」がいかほどできているかです。

□ 清掃はまだ「ヒト」がしていますか?
□ 請求書はまだ「紙」でやり取りしていますか?
□ ホールには「3人以上」のアルバイトが働いていませんか?
□ 集客するためにまだ「紙」を使っていませんか?
□ 入替作業をまだ「ヒト」が手を動かし、書類作成していませんか?

など
「ヒト」がしなくても、「パソコンがヒトに代わって自動で動く」時代、
多くのルーティン業務が低コストで、ノーストレスで精度高くパソコンが遂行していきます。

「ヒト」がしてきた業務を「パソコン」にさせる時代を低コストで活用すれば、
優秀なヒトが「業績アップするための仕事」を多くできることになり、
結果的に人件費比率も下がってくるのは間違いないでしょう。

(3)においては、5年前にコストを見直した企業様向けですが、
販管費のコストは、年々下がっているのが現状です。
現在の販管費のコストは適正なのかを8月中に見直しをかける必要は、
コロナ禍の企業存続を考える上では非常に大事になります。

これら8月以降に取り組んでもらいたい内容をまとめたセミナーを
以下の通り予定しております。

WEBセミナーですので、自社にて気軽に聞いていただき
御社の今後の利益改善にお役立ていただければ幸いです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【webセミナー】コスト適正化×デジタル化セミナー
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/063166

日時:8月18日(火) 時間:13時~15時
8月25日(火) 時間:13時~15時

場所:オンラインのため、各社各店舗のPCやスマホにて
料金:一人につき15,000円(税抜)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

———–船井総研の情報は下記より、随時配信中———–

◤LINE@◢

全国1000名以上のパチンコ経営者登録中!
LINEにて、成功事例や知りたい情報が手軽に届きます。
https://line.me/R/ti/p/%40udh3222f

担当者
部長
成田 優紀

下山マーケットに成長する企業体質を構築することができるコンサルタント。 アミューズメント・小売・流通と幅広く対応ができ、マーケティング視点を持ち、 売上アップによる業績アップ支援を担当。 「 自分が担当したホールは絶対に業績をあげる 」と責任感も強く、 多くの経営者の右腕として日々活躍している。