コンサルタントコラム 2021/7/2

今から始めるJG対応

コンサルタント  河 駿

前準備でスタートダッシュ


船井総研の河です。

2021年も下半期に突入します。まず、半年前にジャグラー(以下JG)セミナーを開催させて頂いたのですが、その際にお伝えさせて頂いたことを振り返りたいと思います。

以下、前回のセミナーでお伝えさせて頂いた一部です。

・JG部門の客数比率の増加
・稼働貢献、粗利貢献可能な多台数設置(3台以上)できる6号機の不在
・ぱちんこ新台 > スロット新台
・自店JG、競合店JGの平均設定の低下
・スロット担当者で業績が決まる時代

いかがでしょうか?上記の特徴が複数当てはまったのではないでしょうか?下半期 ~
5号機撤去までの間も同様の特徴は大きく変わらないと予測しております。また、スロット部門の収益の低下によって、JG部門が店舗の粗利の稼ぎ頭になっている店舗も増えてきました。稼働も粗利も稼いでくれるメインART、AT機不在の今、稼働も粗利も稼いでくれる機械がJGになりつつあります。

前回セミナーのおさらいからもJGが最重要部門であることを再認識して頂けたのではないでしょうか。

2021年下半期は5号機JGの撤去と6号機JGの購入による撤去対応が本格化しますが、ご承知の通り、今から深刻なJG不足問題へ突入するかと思います。

現状の情報では来年の5号機完全撤去時には市場のJG台数が4割~5割減るのではないかと予想されています。そこで重要になってくるのが下半期のJG対応になってきます。

JG対応は、①法人の店舗数②法人のJG購入可能台数が重要になってきます。

①法人の店舗数
単店であれば問題ありませんが、5店舗前後、10店舗以上の店舗数になると、『 どの店舗に 』『 どのJGを 』『 何台導入 』するのかがポイントになってきます。

②法人のJG購入可能台数
保有する5号機JGに対して購入可能な台数は、 同台数購入可能 ~ 全く購入不可まで法人の事情によって様々だと思います。

JG対応は①法人の店舗数と②法人のJG購入可能台数でやるべきことが変わってきます。本セミナーでは店舗数や購入可能なJG台数に応じてどのように対応すべきかをお話しさせて頂きます。また、JGの代替え機で実績を残している事例や今とこれからの6号機JGの運用方法もお話しさせて頂きます。

結論から申しますと、6号機JGは稼働も粗利もしっかり稼いでくれる良い機械です。5号機JGと比較してコイン単価が下がろうが、出率が上がろうが運用次第では全く問題なく、むしろプラスなポイントだと感じています。

本セミナーでは今後のJG対応に必要なヒントをお伝えさせて頂きます。是非、お時間がありましたらご参加いただけますと幸いです

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ジャグラーを諦めないセミナー
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/074440

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

———–船井総研の情報は下記より、随時配信中———–

《船井総研アミューズメント業績アップチャンネル》

ユーチューブにて有益な情報をお届け中!
https://www.youtube.com/channel/UC6gGG2e92MBkKVf8ClZw3Gg?sub_confirmation=1

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◤LINE公式アカウント◢

全国1000名以上のパチンコ経営者登録中!
LINEにて、成功事例や知りたい情報が手軽に届きます。
https://line.me/R/t

 

担当者
コンサルタント
河 駿

大学で文系、大学院で理系を学び、船井総研に入社。 学生時代は、スロットで生計を立てるほどの知識と経験があり、パチンコ店の攻略に絶対的な自信がある。 その経験を活かし、入社後は、競合店を攻略し、自店の業績を上げる、少し毛色の違う独自の営業支援スタイルで近年注目の若手コンサルタント。